Artist Abroad

Urban Mixed Media Art by Denise Buisman Pilger

ARTIST BIO – DENISE BUISMAN  PILGER (THE ARTIST ABROAD)


はプロの画家で、常に世界中を駆け巡っている。アムステルダム、フォートワース、モントリオール、そして名古屋を転々と住み、それを良い機会とし、それぞれの場所でそれぞれの世界を探索する。そして、作品作りへのインスピレーションを集めている。ここ数年、北米やヨーロッパで展示会を開催し、作品を販売してきた。2011年パリのカルーゼル デュ ルーブルのSalon de la Société nationale des beaux- artにて、トロントの The Artist Project and Outdoor Art Exhibition、ニューヨークのギャラリー、モントリオール、オタワ、トロントが挙げられる。


デニースの作品は、写真、絵、旅に対する愛が反映されており、彼女独特の創造性を持つレンズを通し、ふるいにかけられた日常生活の疑似現実をグラフィックスに取り込んでいる。都市景観やそこに住む人々に魅了された彼女は、建築要素や都会生活の騒がしい模倣により、彼女の世界へと私達を惹き付ける。その世界とは、都市要素が変わった角度にアレンジされたり、スケールも不規則だったり、必ずしも実物そのものというわけではない。数多く頻繁に世界を駆け巡り、その経験から着想を得たデニースの風景画は、見たらすぐ分かるのだが、何か非現実的でもある。


彼女のキャリアは約20年になるが、最初の数年は、ヨーロッパ及びアメリカの印刷業界でプロのグラフィックデザイナー兼アートディレクターとして働いていた。現在の彼女の一連の作品に反映しているのだが、彼女の感性は美学的、技術的の両方を備わっている。デニースの作品作りの行程には、写真の不正加工、アクリル画像転写、手で重ね合わせた混合媒体要素、その他画期的な技術が含まれる。彼女の作品は白黒が多く、最小限に色のアクセントがつくものの、色がたくさんあるものもある。彼女の視覚的な言葉はいつもユニークで確かなものである。自宅を拠点とした彼女のアトリエから、グラフィックなもの、現代的なもの、だけど何かノスタルジックな風景画産まれるのである。


デニースはオランダ・アムステルダム出身で、ロッテルダムのWillem de Kooning Academy of Artsでイラストレーションの文学士号を取得している。常に最先端の技術や素材を常に取り入れたいので、プロとしてのクリエイティブな開拓を探求し続けている。と同時に、母国の地元の古典的な技術や素材からもインスピレーションを受けるように目を向けている。


Artist Abroad Denise Buisman Pilger
(placeholder)
(placeholder)